isidbc

APPLY
マネージャー
リサーチ会社出身

”まだここにない体験価値の創出を目指して。
腰を据えてお客様に寄り添い、やり遂げる”

まさに、革新者の集団。ここまで熱い想いを持つファームは、なかった。

入社のきっかけ

”きっかけは、他社とは比較にならないほどの
熱意を持ったコンサルタントとの出会い”

私が入社したのは2013年9月で、isidbcの設立後間もない頃でした。転職活動を通じて、コンサルティング会社を数社受けましたが、isidbcの面接をしていただいた方々の熱意は、他のコンサルティングファームとは比較できないほど違い、『この人たちと一緒に働きたい』と強く感じたことが、入社を決めた理由でした。
実際に働いてみると、想像どおりバイタリティのある人ばかりで、それぞれのメンバーがクライアントの課題を解決したいという強い思いを持ちながら、プロジェクトに取り組んでいます。まだまだ若い会社なので、前例にとらわれず試行錯誤を繰り返しながら、様々なことにチャレンジすることが出来るプロジェクトスタイルも、自分に合っていると感じています。

仕事のやりがい

”1年、2年と腰を据えた支援で、
IoT、ビッグデータを活用したコト・モノづくりをやり遂げる”

専門領域は、マーケティングや商品企画です。周知のとおり、ここ数年はIoT、ビッグデータの活用が企業にとって重要な事業課題になっています。かつてデータ分析をやっていた知見を活かし、データ活用PoC(Proof of Concept)やデータを活かしたビジネスモデル策定といった領域での支援も行っています。
直近では、メーカーの販売店業務のデジタルトランスフォーメーションを支援しています。デジタルマーケティング技術によって、まだ今実現していない顧客の体験価値を創出するために、クライアントと一緒に知恵を絞り、汗をかいています。 isidbcの支援の特徴は、企画構想からPoC、業務定着まで行うことが多いため、1つの案件が1年、2年と長くなります。その分、お客様と寄り添い、しっかりと腰を据えて取り組めます。IoT、ビッグデータを活用したモノづくり、コトづくりをクライアントとやり遂げられることが、やりがいです。

まさに、革新者の集団。ここまで熱い想いを持つファームは、なかった。

候補者へのメッセージ

"コンサルタントに重要な資本。
それは、「知力・気力・体力」”

isidbcのmissionにあるデジタル時代では、企業は多くの変化が求められ、そこに私たちの支援のチャンスがあります。そして、この機会こそ、私たち自身の成長につながると確信しています。
コンサルティングする上で重要な資本は、業務知識や論理的思考力、考え抜く力などの「知力」だと思います。しかし、知力だけが優れていても、よい仕事はできません。例えば、相手に魅力的だと感じてもらうバイタリティ、つまり「気力」も必要です。isidbcライフは、出張が多く不規則な生活が続くこともありますので、パフォーマンスを常に発揮できるような「体力」も求められます。私は、この「知力・気力・体力」のバランスを常に意識するようにしています。
「知力・気力・体力」のバランスを意識しながら、思い、期待を同じくする皆さんと、ぜひ一緒に挑戦していきたいです。

OTHER INTERVIEW

JOIN US

クライアントを次世代に導く思いをお持ちの方の応募をお待ちしています。

募集中の職種をさがす ISIDグループ採用サイトへ