isidbc

APPLY
コンサルタント
コンサルティングファーム出身

”「生きた経験」から、
効果と負荷のバランスを意識した
情報セキュリティ体制構築を支援する”

まさに、革新者の集団。ここまで熱い想いを持つファームは、なかった。

入社のきっかけ

”情報セキュリティの現場から
コンサルタントの道へ。
決め手となった「人の良さ」”

前職では、情報セキュリティ部門に所属し、インシデント対応・ISO/IEC 27001の認証維持・BCM等のリスク管理業務に従事していました。そのなかで、煩雑な業務を効率化させたいと内部で試行錯誤した経験を活かしたいと、コンサルティングファームであるisidbcへ入社しました。
isidbcに入社する決め手となったのは、「人の良さ」です。自分が経験したことを仕事に繋げられることはもちろん大事ですが、一緒に働く方たちと円滑にコミュニケーションが図れるかどうかがプロジェクトを進めるうえで重要なことだと考えているので、その点でisidbcはとても働きやすそうな会社だと、面接の際に感じました。実際に、ユニット内の風通しもよく、役職に囚われず意見を言い合えるところがisidbcの魅力だと感じています。

まさに、革新者の集団。ここまで熱い想いを持つファームは、なかった。

仕事のやりがい

”現場で培った経験を生かし、
お客様に感謝されることの喜び”

入社後は、主に情報セキュリティ体制構築・運用支援に携わっています。情報セキュリティ対策のなかでも、重点的にセキュリティレベルを高めたい部分がどこなのかは、クライアントによって様々です。クライアントの求めるかたちに近づけながら、どのように現場や事務局の負担を軽減し、効率的に業務を行えるように支援するか。それが重要なポイントだと思います。
机上の空論ではなく、現実的な対策を練ることができるのは、私自身、実際に現場で業務を行っていた経験があるからだと感じています。こうした「生きた経験」を生かし、クライアントのみなさんから『煩雑な業務が楽になった』、『参照する規程類がわかりやすくなり、業務の効率がよくなった』など、実際の感想とともに感謝の言葉をいただくと、感激もひとしおです。

まさに、革新者の集団。ここまで熱い想いを持つファームは、なかった。

これからの目標

”机上の空論ではなく、
クライアントの視点から支援できる
コンサルタントへ”

前職の経験を活かし、クライアントと同じ視点に立てることは、自分にとって強みとなっています。今後はプロジェクトを遂行しながら、情報セキュリティ分野への理解を深めてコンサルタントとしての知見を広げていくことで、お客様にとって最も効果的なご支援ができるよう努めていきたいと考えています。そうすることで、自分の理想論や机上の空論を語るだけのコンサルタントではなく、お客様に寄り添い、お客様の視点から支援ができるコンサルタントを目指します。

OTHER INTERVIEW

JOIN US

クライアントを次世代に導く思いをお持ちの方の応募をお待ちしています。

募集中の職種をさがす ISIDグループ採用サイトへ